プロフィール

ぶんぴ~

Author:ぶんぴ~
2009年11月22日に我が家にやってきた桜文鳥のぴ~(♂)とその飼い主のブログです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

IMG_7486.jpg
ぴ~「ぼくのお仕事は・・・・」

IMG_7487.jpg
ぴ~「ママの本にカミカミマークをつけること~」
ママ「・・・・・・・」



本を読むことが好きです

居間にも寝室にもいろんな本を山積みにしてありますが

最近は小説というものを読まなくなりました

よく読むのはエッセイ。家事の合間や通院の待合室で気軽に読めて

登場人物の名前を覚える必要がありません
(最近は人の名前を覚える事がだんだん困難になりました)

もちろん文鳥関係の本もたくさんあります

飼育本や漫画本、お気に入りの文鳥本がたくさんありますが

一番の宝となっているのはこの絵本です

まずは「ぶんちょう村のピーチャン」

IMG_7501.jpg


弥富文鳥組合の最後の組合長、大島さんが書かれた絵本。

出版された時は89才でした

弥富白文鳥ピーチャンが主人公になった物語になっていて

大島さんが作詞された歌も載せてあります

大島さんのご自宅に電話して取り寄せる形になっていますので

ネットや本屋さんでは買えません

2年程前に購入しましたが、在庫切れの可能性があります



もう一冊はさかざきちはるさんの「ぴーちゃんの歌」

IMG_7506.jpg


文鳥だけでなく、小鳥を飼っている人なら

とても共感できる、感動する絵本です


それにしても「ぴーちゃん」という名のつくグッズや本の多いこと・・・

一番親しみやすい名前だからでしょうか





にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪
スポンサーサイト

IMG_7481.jpg
ぴ~「寒くなったけど、お部屋はほっかほか~」

IMG_7477.jpg
ぴ~「今日もハッピーだったよ~」




昨日の中日新聞の夕刊に弥富白文鳥の記事が載っていました


IMG_7469.jpg
11月16日 中日新聞夕刊の記事です


何回もブログに書いていますが

弥富の文鳥農家は後継者がいない関係で、今はわずか2軒しかありません

ところが地元の佐屋高校生物生産科の生徒たちが

文鳥の繁殖に成功したとのこと!

IMG_7470.jpg
弥富の白文鳥の雛たちです♪


何度も試みて、この秋やっと雛が無事にかえったようです

昔は「文鳥と金魚のまち・弥富」でしたが

ぶんぴ~家が訪れた時も本当に寂しい感じでした

地元の高校生の若い力と愛情と元気で、また文鳥の繁殖にチャレンジしてもらって

たくさんの人たちに文鳥を飼ってもらいと願っています








にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪

IMG_7450.jpg
ぴ~「はい、ポーズ!」

IMG_7459.jpg
ぴ~「今日は1枚でいいよ~」

IMG_7461.jpg
ぴ~「プイ・・・」


かなり日が短くなりました

あっという間に真っ暗になってしまいます

ぶんぴ~娘もぶんぴ~夫も夜にならないと帰ってこないので

ぶんぴ~家は本当に静か。

ぴ~ちゃんが居てくれて、鳴いてくれなかったら寂しくて

鬱々してしまうだろうなぁと思います

義母が「ずっとインコを飼っていたけど、飼わない時期があって

息子も娘も家から出てしまってから寂しくなってまたインコを飼ったのよ」

と言っていた気持ちがわかります

今は義母も高齢になってお世話も大変なので、ペットは飼っていませんが。


今のぶんぴ~にとっての「癒し」は・・・

☆ぴ~ちゃん
☆アロマテラピー(時にはお香)
☆お花
☆好きな音楽を聴く

この4つです



この前の日曜日にぶんぴ~夫が「どうだん亭(ぶんぴ~がヨガを習っている場所)」へ

散歩がてら紅葉を観に行きました

お抹茶もたてていて、お客さんで賑わっていたとのこと。

今週末がピークではないでしょうか・・・

来週はレッスン後に生徒さんと紅葉を観ながらお茶会。楽しみです♪


IMG_7465.jpg

IMG_7464.jpg






にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪
IMG_7436.jpg
ぴ~「ぼくもブランコ好きだけど・・・」

IMG_7433.jpg
ぴ~「このインコちゃんたちもブランコ好きなんだね」



新しいスケールが届きました♪
↓↓↓

IMG_7437.jpg
少し餌を散らして慣らせようとしています



今までのスケールは料理用に使っていたもので、

ぴ~ちゃんをお迎えしてから使っているので10年以上?使っていたものでした

昨年の7才のお迎え月には新しいカゴを買いました

ドーム型の小さなカゴで、デザインも色も全く同じものにしました

予想通り、ビビリのぴ~ちゃんは怖がって全く入らず・・・

無理やり入れると、餌も食べないし、水も飲まなくて、ガチガチに

固まっていました

母親は甘いので

「無理に新しいカゴに入らなくていいんだよ~

前のカゴのデザインの方がかわいいしね!」と言って

結局新しいカゴは放置状態。

慣れさせるために、リビングには置いてありました

慣れたのは餌を皮つき餌からペレットに替えて、餌の分量を少なめにして

からです

ぶんぴ~娘が古いカゴにつけていたアクセサリーを全部入れ替えて

リビングには新しいカゴだけを置きました

ぴ~ちゃんはしばらく警戒していましたが、あまりにお腹が空きすぎて

結局新しいカゴの中の餌箱に餌を食べにくることに・・・

数か月経って、やっと新しいカゴに慣れました

そして今年は新しいスケール。

前のものはピンクで丸い形ですが、今回は白で四角い形。

0.1g単位で測れるので便利です♪

ただ予想通り、前のピンクのスケールはお気に入りの場所で、よく乗って遊んでいましたが

新しいものには全く近寄ろうとしません

怖がってはいますが、新しいカゴに入れようとした時にビューッと逃げていくような

感じではなく

両手でふわ~っと捕まえて台に乗せると何とかじっとしてくれます

体重測定はとても大事です

新しいスケールにぴーちゃんが早く慣れてくれますように・・・

IMG_7423.jpg






にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪

IMG_7409.jpg
ぴ~「誰か遊びにきてくれないかな」

IMG_7410.jpg
ぴ~「ぼくにも遊び相手がほしいけど・・・」

IMG_7407.jpg
ぴ~「仲良くできるかなぁ??」





昨年「ぴーちゃんのいえ」という名前とかわいさに惹かれて

インターネットで買った札幌軟石の小鳥の置物。

今年に入って紹介させて頂きましたが、再度アップします

IMG_7411.jpg
ぴーちゃんのいえ


ずっとこの鳥は白文鳥だと思っていました

今年の春に、三越の中で軟石屋さんが札幌から販売に来ているコーナーを

偶然にも通りがかりました

「あっ!ぴーちゃんのいえがこんな所に!」

と思い、軟石屋さんに「私、この置物持っています!」と

話をしました

軟石屋さんもビックリ。

白文鳥でなく「アルビノ」という色素が欠落している

白いインコで、スタッフが実際に飼っていたインコがモデルです、

との事でした

遺伝的に弱いとかいわれていますが、はっきりとは言えないとのこと。

お話を聞いた時はそういう事情をもったインコをモデルにした飼い主さんの

心の広さと愛情に感動したものです


犬と飼おうと思った時、

小鳥を飼おうと思った時、

「小犬から飼いたい

雛から、または雛に近い年齢から飼いたい」

「かわいい仔がいい、丈夫な仔がいい」

その条件プラス・・・

「見ていてピン!と来る仔がいい」

と思ってペットを飼い始める人の方が圧倒的に多いと思います

ぶんぴ~自身もそう思いますし、ぴ~ちゃんをお迎えする時も

そんな気持ちでした

ですが、このブログに訪れて下さる方で

身体に弱さを持った仔や、前の飼い主さんの影響で

人間にトラウマになってしまってなかなか心を開かった仔を

自ら選んで大事に育てられている飼い主さんがみえます

たくさんの愛情で、その仔達は幸せに暮らしています

来年はもう1匹文鳥を飼うか検討中のぶんぴ~家。

ぶんぴ~が身体が弱い分、やはり元気な仔が欲しい!という気持ちが

先行してしまいます

なかなかいろいろな事情をもったペットを飼うには

どうしても躊躇してしまうでしょう



ちなみに「ぴーちゃんのいえ」を作った札幌軟石屋さんは

若くてきれいな女性でした

メールでアルビノぴーちゃんのお話を

丁寧に教えて下さいました

「軟石や」
https://www.nansekiya-online.com/





にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪
// ホーム // 次のページ >>