FC2ブログ
プロフィール

ぶんぴ~

Author:ぶんぴ~
先代桜文鳥ぴ~ちゃん♂(2009年11月22日~2020年2月6日)の後に2020年4月6日に
桜文鳥ふ~ちゃん♂をお迎えしました。やんちゃなふ~ちゃんの日記とぶんぴ~家の徒然日記です。お気軽にコメントお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR


CIMGi1682.jpg
ぴ~ちゃん、たまには家に帰っておいで~!

IMGi_1034.jpg
餌も水もミカンも小松菜も置いてあるからね・・・

IMGi_5971.jpg
タッパーの蓋も取ってあるよ!



ぴ~ちゃんが天国へ旅立ってから今日で3週間経ちました

この3週間の間に、新型肺炎の騒動がこんなに大きくなるとは思いませんでした

雛のぴ~ちゃんを小鳥店で買ったのはあの「新型インフルエンザ」が流行った時期なのです

新型インフルエンザが流行って時期にお迎え、新型肺炎が流行る時期に

ぴ~ちゃんは天国へ旅立ちました

その新型インフルエンザには当時小学校4年生だった娘は見事に罹りました

子供たちは次々と罹っていったので、当時の事を思うと

今の新型肺炎も10年前のようにならないといいな、と思っています

そしてその新型インフルエンザに娘が罹ったために、ぴ~ちゃんをお迎えした時期が

ずれました

雛はもっとたくさんいたと思いますが、娘が回復してお迎えに行った時は

既に2匹の桜文鳥だけになっていました

文鳥を飼うのは久しぶりで、差し餌の仕方などを店主さんに聞いて

恐る恐る、慣れない手つきでスポイトであげていた記憶があります

握り文鳥が得意な娘も、最初は「飛ぶ鳥」が我が家に来て怖がっていたのが

嘘のようです





にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪
スポンサーサイト



CIMGi1230.jpg
粟玉をあげる時は必ず頭をグルリを傾けていました

CIMGi1228.jpg
鈴が大好き。今でもこの鈴は取ってあります

CIMGi1285.jpg
秋生まれなので、冬場の温度管理が大変でした




ぴ~ちゃんの数少ない雛時代の写真をまた公開します

正式な生年月日は不明です

小鳥店にぴ~ちゃんをお迎えに行ったときに、店主さんに

「雄ですか?雌ですか?」と聞いてみたところ、

「この2匹(もう1匹桜文鳥の雛がいました)はどちらとも雄だよ」

と言われたのを覚えています

その時は知りませんでしたが、ぴ~ちゃんをお迎えしてから買った本によると

文鳥は雛時代は雄か雌が区別がつかないらしいです

少し大きくなって、歌を歌い、ダンスを始めたら雄。

目がアーモンド型だと雄と言われています

小鳥飼育歴ベテランの店主さんは雛時代でも雄か雌が分かるものなのでしょうか??

結果的にぴ~ちゃんは雄。当たっていました!





にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪


CIMGi1263.jpg
雛の頃からくいしん坊

CIMGi1265.jpg
雛時代の給餌はたまらなくかわいい・・・

CIMGi1270.jpg
くちばしの色も変わって来て・・・

CIMGi1272.jpg
成鳥になりつつあります





天国へ旅立ったぴ~ちゃんのブログを未だに読んで下さってありがとうございます

全員の方のコメントを読ませて頂いて必ずお返事するようにしております

「なかなかお返事が来ないな」という場合、再度ご連絡頂けると助かります


娘も春休みに入っています

我が家は「文鳥・金魚のまち弥富」まで車で4,50分で行けます

ぴ~ちゃんをお迎えしてから一度弥富に行きましたが

もう1度家族で行ってみようかと思っています

文鳥農家は今やたった2軒のみしかないそうです

前回は結局どこにあるのか分からず・・・見つけた方はどう探されたのか

不思議です


人生の半分はダイエットだったぴ~ちゃん。

雛の頃からかなり食いしん坊で、粟玉を凄い勢いで食べていました

ふやかした餌に顔を突っ込むので、ぐちゃぐちゃでした




にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪

UCIMG1196.jpg
うちに来た時から人が好きでした

UCIMG1211.jpg
上州屋小鳥店のおばさんが育ててくれたけれど・・・

UCIMG1202.jpg
これからは私たちの家族なんだよ!ぴ~ちゃん!

UCIMG1206.jpg
絶対に最後まで大事に育てるからね!




ぴ~ちゃんが天国へ旅立って今日で2週間になりました

夜はいつもカゴを運んで一緒に寝ていましたが、今はおおきな文鳥のぬいぐるみ「さくらちゃん」

がカゴの置いてあった場所に一緒にいてくれます

ぬいぐるみと一緒、なんて大人気ないですが、ぴ~ちゃんがそばにいる感じがします

買っておいて良かった~

ぴ~ちゃんの雛時代の写真が数少なく、動画ももっと撮っておけば良かったです

10年前は娘は小学生。スマホなんて持っていなかったので、私と夫が撮るしかありませんでしたが

雛時代の期間が本当に短いため、あっという間に成鳥の桜文鳥に変わってしまいました

ぴ~ちゃんとの出会いは、私のお友達親子がウサギを飼い始めて

「うちもペットが欲しいね」という話になり、ウサギも見に行きましたが、妹がインコを飼っているのを思い出し

「鳥はそんなにお世話がかからないし、かわいいよね」ということで鳥に決まりました

昔飼っていた桜文鳥がいいなぁ~~

昔からの老舗「上州屋小鳥店」(数年前に、店主さんがお年の為に閉店)に

「桜文鳥の雛が来ましたら連絡して下さい」とお電話で予約しました

11月初めに「雛が入りましたよ~」と連絡が入りましたが、

娘が新型インフルエンザに罹り、店主さんが育代わりに育ててくれて、手乗りにして下さいました

11月22日にぴ~ちゃんを引き取りに行きましたが、割と大きくなっていて

給餌の期間も短かった記憶があります

2匹くっついていて、店主さんが「2羽でもいいのですよ」と言われましたが

ぴ~ちゃんだけを選びました

くっついていたもう1匹の仔はどこに貰われていったのかな?元気かな?

よく娘とそんな話をしたものです




にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪

ぴ~ちゃんが旅立ってから2日後に家族でプランター葬にしましたが

大分県の墓石屋さんにぴ~ちゃんの小さな墓石を注文しました

よく「ぴーちゃん」と間違われるので、「ぴ~ちゃん」の「~(波線)」になるように

メールでもう一度確認しました

出来上がったぴ~ちゃんのお墓です


IMG_3113.jpg

IMG_3114.jpg


雨の日は、夫が作ったビニールをかぶせます

飛んでいかないように、丈夫に作ってあります


「思い出写真ボード」は娘に選んでもらいました

10年間の間にものすごい数の写真を撮ってあります

枠のお花の絵は私がトールペイントで描きました


IMG_3112.jpg
真ん中の手の上の写真は亡くなる数分前の写真です



ブログにも書きましたが、10才に近づくにつれ、羽の油分もなくなって来たので

「ぴ~ちゃんってこんなに綺麗だったんだ~」と思います

大のお気に入りだったブランコや鏡、つぼ巣や愛用のフリースは

居間に「ぴ~ちゃんボックス」を作って置いてあります


毎日、鳴き声の聞こえない寂しい日が続きますが

今年はなぜか野鳥の声が我が家の周りで賑やかに聞こえて来ます





にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪
aIMG_5966.jpg
ナルシストだったぴ~ちゃん

aIMG_1996.jpg
マリーちゃんの箱もブランコも冬用もフリースも10年間使いました

aIMG_5969.jpg
人間の食卓荒らしでした

aIMG_3350.jpg
手についていた水をチューチュー飲むのが大好き




昨日でぴ~ちゃんが天国に旅立って1週間。あっという間でした

長生きしてくたせいか、老化が目立って来た姿の印象が強いので

思い出の写真を整理していると「あぁ、若い頃はこんなにツヤツヤだったんだな~」とか

「ここまで飛んでいたんだな~」と思い出します

亡くなる前は急激に餌を食べなくなり、体重も減ってきたのですが

助けられたのは大好きな「みかん」でした

朝から餌を食べないので、みかんをあげると食べてくれて、その後はなぜか

必ず卵の殻をポリポリ食べていました

その勢いで、テーブルにも置いた餌も食べてくれるという流れ・・・

餌はほほカナリーシードとその他1,2種類の餌しか選んで食べていなかったようです

あまり食べないと心配になり、日頃あげていなかったきゅうりや枝豆をあげたり・・・
→枝豆は2口くらい。きゅうりは結構食べましたが栄養があるのかな??

「文鳥様と私」に出てくる「フォーミュラー団子」も、フォーミュラー3という雛用パウダーフードを取り寄せて

ハチミツを混ぜて小さなお団子にしてあげましたが、全く食べてくれませんでした
(「文鳥様と私」の老鳥ちゃんたちは喜んで食べていたようです)

キクスイさんに聞いたお話ですが、人間と同じでだんだん噛む力がなくなるので

シード(特に皮付き)の場合、噛みやすいものしか選んで食べなくなり

だんだん栄養のバランスが取れなくなるそうです

かといって、お勧めされた変わった餌を取り寄せてもぴ~ちゃんが食べませんでした

亡くなる少し前も、噛めなくなった固い餌を口に入れてくちばしが閉じなくなり

夫が爪楊枝で取ってくれたこともあったのです

お正月にお餅を喉に詰まらせたお年寄りを見ているようで、ハラハラでした・・・
(詰まっていた固い餌を餌袋からピンセットで取る、という作業もしてくれました)

ぴ~ちゃんは確か6,7才からダイエットを始め、8才になる前くらいから

シードは夕方だけのごほうびで、遅らばせながら主食をペレットに変えるのに成功しました

結局10才になってしばらくしてから、大好きなシードが恋しくなったのか?ペレットを食べなくなってしまうのですが

反省点としては

「小さい頃からペレットが食べられるようにしておけば良かったこと」です

カナリーシードはたまのごほうびにして

やはり老いて餌があまり食べられなくなると、ペレットの方が栄養が取れる気がします

今は粒もいろんな大きさのものが売られています

実際に9才になった時に先生からも「やはりペレットを食べている仔は長生きしますね」

と言われました

今までいろんな動物病院へ連れて行きましたが、どこの先生もだいたい「ペレットの方が良いですよ」

と口々に言われていました

ただこのペレットはインターネットでしか買えないのが残念です

たまに口コミで「カビらしきものが・・・」などと書かれていると、簡単に返品・交換できないので

ペットショップに置いたら良いのに、と思っています






にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪

Ap005.jpg
若かりし頃のぴ~ちゃん。2,3才ぐらいかな?

Bp174.jpg
写真に年月日を記録しておけば
良かったです


C259.jpg
油がたくさんあるから、すぐに乾いていました



「ぴ~ちゃんのお部屋」。ぴ~ちゃんがおほしさまになったのにブログ続けるのも何ですが

書くことによっても気持ちの整理もつくので、しばらく続けていきます



今日はトールペイント教室へ。トールの先生も昨年、愛犬ちゃんを18才で亡くされています

目的はぴ~ちゃんの写真集を作るための大きな写真立て(娘がニ○リで買ってきてくれました)

の枠にトールペイントで絵柄を描くことです

写真立ての枠が焦げ茶であじけないので、絵を描いた方が可愛くなるか?と、先生に

ぴ~ちゃんのお話を聞いて頂きがてら柄を描いて、家でニスを塗って完成しました

写真をたくさん貼ってから改めてブログに載せますので、良かったら見て下さい

先生の愛犬ちゃんもおほしさまになる前に全力を振り絞って

「最後にしっぽを振ってくれたんだよ」とのお話でした

きっと「ありがとう」という挨拶でしょうね

ぴ~ちゃんが最後に奇跡的に飛んでくれたお話もしました


カゴを置いていた台に、餌を水と大好きなミカンを置いてありますが

ミカンもそろそろ数が少なくなってきています

ミカンがスーパーからだんだん消えてきたら、何を置こうか考えています

第2候補は(私たちは食べない)豆苗かな?

イチゴはそれほどぴ~ちゃんは好きではありませんでした


ぴ~ちゃんの半生はとにかくダイエットで、「痩せるまで人間の食べ物はあげないこと」

がモットーになりましたが

調子が悪くなって食べられなくなってからは、ある程度は人間が食べる物も食べられる仔で良かった、

と思ったことがあります(※もちろん、鳥には害がなく、食べさせても良いものです)

また次回、書こうと思います




にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪


aIMG_1031.jpg
とにかく手に乗っているのが好きでした

aIMG_0308.jpg
最後の最後までカゴより手がいいと主張していました

aIMG_0961.jpg
ぴ~ちゃん、ずっと大好きだよ!




今日は思い切ってぴ~ちゃんのカゴを片付けました

空っぽのカゴが居間に置いてあるのも虚しいものです

10年3ヶ月同じ場所に置いていたぴ~ちゃんのカゴ。

片付けてしまうと、それはそれでまた虚しいなぁ・・・

私は夫や娘よりもぴ~ちゃんと一緒にいる時間が長かったので違和感を覚えます

台の上には餌と水と大好きなミカンを置いてあります


・・・先日ブロ友さんに教えて頂いて感動したことを記しておきます

先週の木曜日の朝にぴ~ちゃんが亡くなる数分前、娘が

「もう足がこんなになっちゃっている・・・」と、寝転んで立てなくなったぴ~ちゃんを私に渡しました

ぴ~ちゃんを手に置いた私は「これはもう天に召されるな」と思ったのですが

グッタリしているぴ~ちゃんが突然パチリを目を開けて私の手の平から顔の方に向かって

飛び立とうとしました

危篤状態のぴ~ちゃんがです!

もちろん低空飛行で、すぐにテーブルの上に落下・・ビックリして拾い上げました

驚くことにぴ~ちゃんはもう1回力ずくでジャンプしました

テーブルに落下・・・どうしたの?危ない危ない。。

その数分後にゆっくり目を閉じて生涯を終えるのですが

最後の動作はブロ友さん情報では「飼い主にお礼を言うため」だそうです

ぴ~ちゃん、お礼を言いたいのはこちらの方なのに、、、


プランターですが、ベランダに出しましたが、夫がホームセンターで具材を買ってきて

屋根のようなものを作ってくれるようです

激しい雨からプランターが守られますように・・・




にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪
CIMGp1198.jpg
うちに来て間もない頃のぴ~ちゃん

CIMGp1200.jpg
まだ小学生だった娘の手の上にいます

CIMGp1215.jpg
今思うと、この子がまさかまさか・・・・

CIMGp1260.jpg
10年3ヶ月生きてくれると思いませんでした!




暖かいコメントを頂き、ありがとうございます。



6日の朝にぴ~ちゃんが旅立ってから2日目・・・

箱に保冷剤を入れて枕元に置き、2晩ぴ~ちゃんと一緒に寝ました

今日のお昼過ぎに、買っておいたプランターに埋葬予定。。

プランターはスタンドタイプの白い小さいプランターです

ネットで調べたら「虫がわかないように、深さ30センチは欲しい」と書いてありました

30センチは欲しい??え・・・20センチの深さしかないよ~~

たくさん土を入れた方が良い、という事で、もう一度園芸屋さんに急いで行きました

ちょっと大きいけど、もう一度買い直し。。

もうちょっときちんと調べて買えば良かったなぁ(こんなことは園芸屋さんには相談できないし)

ガーベラやデンファレなどのお花もたくさん買って、ぴ~ちゃんと最後のお別れ・・・

3人で協力して済ます事ができて、安心しました

奮発して「ぴ~ちゃん」と掘ってある、鳥柄のついたミニ墓石も注文してしまいました

まだカゴは片付けていないのですが

空っぽのカゴを見ても、なかなか実感が湧きません・・・

まるでどこかに預けているみたいです

娘がぴ~ちゃんの写真集を作ってくれています

10年も生きてくれたので、携帯での写真がかなりの枚数になっています

テスト中なのでまだ完成は先ですが、こんなかわいい時代があったかと懐かしく見ていました

動画の方ももっとたくさん撮っておけば良かったなぁ、と少し後悔。。





にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪






IMG_3068.jpg
みんなありがとう!




本日午前9時18分頃、ぴ~ちゃんは私の手の中で天国に召されました

夫も娘もちょうど居る時間で、3人家族に見守られながら、ぴ~ちゃんはス~ッと静かに目を閉じました

最後の最後まで「カゴより手の中がいいの!!」とヨレヨレで歩けない体をひきずって

人間の手の方へ来たぴ~ちゃん。

ほかほかに保温しているゲージより、どうしても手の中がいい!と危篤状態でも近寄ってきました

朝から何も食べれなくて、脚ももう立つ力がなくなっているのに

息をひきとる寸前に目をパッと見開き、なんと私の手から顔に向かって2回も飛ぼうとしたのです

今までずっと目をつぶって寝ていたのに、驚きました

「まだママたちのそばにいたい!!」と最後の最後まで思って、全力を尽くして

飛ぼうとしたのでしょうか・・・

今週の月曜日からかなり状態が悪くなり、もうその晩にダメかと思っていましたが

この4日間、ぴ~ちゃんは本当によく頑張った!!!

そして家族の協力も凄かった!自信を持っていえます

10才3ヶ月。11才ぐらいまでいくかと思ったけど、もう十分頑張ったね・・・

この4日間、ろくに食べられず、ひたすら息だけをしているぴ~ちゃんを見ていたので

「やっと天国でたくさん食べられるね!」と泣きながら話しかけました


皆さんからの暖かいコメントがとても励みになりました

本当にありがとうございました。まだ思い出話など、更新をしばらく続けると思います

どうぞよろしくお願い致します






にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます♪
// ホーム // 次のページ >>